スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事誘発性熱産生とは?

今日は3つめの消費カロリー、食事誘発性熱産生についてお話します。
何だか一気に近寄りがたい名前になりましたね(笑)

これは、食事で摂取した栄養素の一部が、
食後熱エネルギーとなって消費される現象のことです。


人は食事をすると平常時に比べて体温が上がります。
それが食事誘発性熱産生、通称DITなのです。

難しくてよく分からないなら、
食事によって消費するエネルギーと考えてください。

食事をすると食品を消化するために内臓が活発化します。

その時に使われるエネルギーが食事誘発性熱産生と考えれば、
大体問題ありません。

人間の消費カロリーの1割を、食事誘発性熱産生が占めています。

残念ながら、この消費カロリーを高めることは
簡単ではありません。


栄養素が体内でどのように利用されるかで
食事誘発性熱産生が決まりますから、
容易に高めたり低めたりはできないのです。

ただ、その中でも比較的簡単に実践できることが
「よく噛んで食べる」というもの。

あなたも親から「よく噛んで食べなさい」と
小言を言われた経験があるかもしれません。

実は、消費カロリーという点から考えると
それは非常に大切なことなのです。

食事の際によく噛んで食べると、
食事中~食後の消費カロリーが上がることが分かっています。


その差は微々たるものですが、
意識して損をすることはありません。

つい早食いしてしまいがちな方は、
ぜひよく噛んで食べることを意識してください。

また、食事誘発性熱産生はたんぱく質を摂取すると
特に高くなります。


糖質は5%が、脂質は4%が熱エネルギーとして使われますが、
たんぱく質はその数値がなんと30%なのです。

あまりたんぱく質に偏りすぎてもいけませんが、
魚、卵、チーズ、大豆製品など、
たんぱく質を多く含む食品はぜひ積極的に食べてください。

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

生活活動代謝とは?

本日は基礎代謝に次によく聞く生活活動代謝についてお話します。

これは家事や運動など、日常生活の中で体を動かすことにより
生じる消費カロリーのことです。


ダイエットのために運動をする人は多いが、
それはこの生活活動代謝に当たります。

人間の消費カロリーのおよそ2割を、
この生活活動代謝が占めているのです。

消費カロリーの2割を占める以上、この存在は無視できません。

ダイエットの原則が「消費カロリー>摂取カロリー」である以上、
消費カロリーを高めるのはとても重要です。


たとえばウォーキングやジョギングをしても良いし、
家事をしたり車を使うのを控えたりしても良いでしょう。

私も毎日30分ほどのウォーキングを毎日続けています。

ただし、ここで注目したいのは
「生活活動代謝は2割に過ぎない」という見方もできることです。


基礎代謝が消費カロリーの7割を占めるのに対し、
生活活動代謝は2割しか占めません。

ならば基礎代謝を上げる努力をした方が、
頑張って運動するより効率的とも言えるのです。

これは無論、ダイエットにおける運動を
否定しているわけではありません。

ただ食事制限を無視して闇雲に運動ばかり繰り返しても、
全体の2割を占める消費カロリーが
わずかに上がるくらいの効果しか得られないのです。


このことからも、ダイエットの基本は
食事制限であることが分かります。

主に食事を改善して、余裕があれば補助で運動も取り入れる。

これがダイエット成功の黄金パターンです。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

基礎代謝とは?

先日は摂取カロリーについてご説明しましたので、
今日は消費カロリーについてご説明します。

まず、消費カロリーには大きく分けて3つの種類があります。
その中でもダイエットで特に耳にするものが基礎代謝です。

基礎代謝とは、あなたが何もしていなくても
自然と消費されていくカロリーのことです。


人間はただ眠っているだけでも生命維持のために
エネルギーを使っています。

それが基礎代謝で、人間の消費カロリーのおよそ7割を
基礎代謝が占めています。

この基礎代謝を高めることで、
あなたの消費カロリーは大きくアップするのです。


たとえば筋肉。

筋肉は何もしていなくても自然とエネルギーを食う存在で、
1kgにつき毎日およそ50kcalのエネルギーを消費します。

と言うと少なそうですが、
1年で考えると脂肪2.5kg分の差が出てくるのです。

この筋肉が多ければ多いほど、
痩せやすく太りにくい体質になっていきます。

が、絶食や単品ダイエットのような無理のある方法で
痩せようとすると、あなたの筋肉は痩せ細ってしまうのです。

つまり、痩せにくく太りやすい体質になります。

よく「人はリバウンドするごとに痩せにくくなっていく」と
言われるのはこのためです。


基礎代謝を高く保つためにも、無理なダイエットは避けましょう。

それでは、明日は2つめの消費カロリー、
生活活動代謝についてご説明します。

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

パワブロ

Author:パワブロ
初めまして、パワブロと申します。

私は過去に3ヶ月で10kgの減量に成功しました。

このブログではその時の経験を踏まえて、副作用やリバウンドのない正しいダイエット法を説いていきたいと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
お気に入りの教材


詐欺だらけなダイエット商品の中で、唯一感心した教材です。
ブログランキング
応援お願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
意味不明な検索候補
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。