スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

本日は、昨日予告した
「肉類、揚げ物、ジャンクフードが悪い理由」
についてお話したいと思います。

脂質には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の
2種類が存在します。

飽和脂肪酸は肉類の脂身、調理油、バター、マーガリンなどに
含まれる脂肪酸です。

この飽和脂肪酸は、肥満、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの
原因になります。


不飽和脂肪酸は青魚の脂身や種子油(サラダ油、大豆油、ひまわり油など)に含まれる脂肪酸です。

この不飽和脂肪酸は、摂りすぎると肥満、吐き気、下痢、
動脈硬化、アレルギー症状などの原因になります。

しかしその反面、コレステロール値を下げ、
生活習慣病を予防してくれる効能を持つのです。


飽和脂肪酸は動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしますが、
不飽和脂肪酸はそれらを防ぎます。

つまり脂質を摂るなら肉類よりも魚類、
調理油よりも種子油の方が体に良いのです。


魚類の他、木の実やナッツ類にも
不飽和脂肪酸が多く含まれています。

体のことを考えるなら、脂質は魚、木の実、
ナッツなどから摂りましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パワブロ

Author:パワブロ
初めまして、パワブロと申します。

私は過去に3ヶ月で10kgの減量に成功しました。

このブログではその時の経験を踏まえて、副作用やリバウンドのない正しいダイエット法を説いていきたいと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
お気に入りの教材


詐欺だらけなダイエット商品の中で、唯一感心した教材です。
ブログランキング
応援お願いします。
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
意味不明な検索候補
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。